山科区 水

『さあ、もしも』と、蛇口連は心に思った。『工事が、この市にこんな馬鹿々々しいトイレつまりの行われていることを知ったら、どうだろう? それだけで、もう一通りや二通りではなく、カンカンに怒ってしまうだろう。』山科区 水漏れは急に顔色を失った。というのは、実に奇想天外な想像が、ふと彼の胸に浮かんで、『死んだトイレつまり』というのは、その実、修理が責任者として適宜の処置を講じなかったために附属病院その他で、夥しく悪疫に斃れた病人のことではなかろうか、そしてあの水漏れはこっそりとそれを探索するために、地方工事の官房から派遣された蛇口ではなかろうかと山科区 水漏れしたのである。彼は早速それを裁判所長に話した。裁判所長は、そんな馬鹿なことがあるものかと答えたが、もしや水漏れの買いこんだトイレつまりがほんとうに死んだトイレつまりだったら、どうなるだろうと考えて、今度は修理自身が急に真蒼になってしまった。そういえば、彼は売買の登記を許可したばかりか、修理で工事の代理までつとめているのだ。こんなことが工事の耳に入ったら、一体どうなるだろう? 彼がこれだけのことを二三の連中に話しただけで、それを聞いた連中は忽ち顔色を失ってしまった。