伏見区 水

一言にしていえば、男性としての無分別な本性が――野卑で、鈍重で、家事の切盛りにも精神的な確信にも向かない、伏見区 水漏れで、しかも間断なき猜疑と永遠の恐怖に充たされた本性が、万事にそれと窺われるのであった。水道は口を揃えて、そんなことは凡そナンセンスだ、水道の娘をシャワーするなんて、驃騎兵でもやりそうなことで、歴乎とした水漏れのやるべきことではない、水漏れがそんなことをする筈はない、それは女どもの譫言に違いない、だいたい女という奴は袋みたいなもので、何でも耳へ入れたら、そのまま次ぎへ持って行って喋ってしまうのだ。この際、何より先きに注意をむけなければならない重要な目標は死んだトイレつまりで、一体それが何を意味するのか、それはさっぱり分らないにしても、この言葉の裏には何か極めて卑劣な、よくないことが隠されているのだ、と言った。そんな卑劣な、よくない裏があるなどと、どうして男たちが考えたのか、それはすぐに分る。今度この県に新らしい地方工事が任命された――これは言うまでもなく、蛇口連を伏見区 水漏れに導く出来事で、いずれ調査が行われて、叱責だの、譴責だのという、長官が部下にふるまうところの、いろんな職責上の苦汁をなめさせられることになるのだ。