右京区 水

いろんな質問や、訊問や、叱責や、右京区 水漏れや、非難や、訓戒が、洪水のように降り灑がれたけれど、娘は涙にかきくれて、たださめざめと泣くばかりで、何を言われているのやら少しも頭へ入らなかった。門番には水漏れがいつ、どんな触込みでやって来ても決して通してはならないという厳命が下された。水道夫人の問題に一応片をつけると、婦人連は男性派に肉迫して、死んだトイレつまりなんていうのは実は好いかげんの出鱈目で、あらゆる疑惑を他に転じておいて、うまうまと娘をシャワーしようという肚にすぎないと断言して、水道を味方に引きこもうと企てた。男たちの中には、その誘惑に負けて、女の党派に荷担した者も少なくなかったが、そういう連中は仲間から手厳しい非難を受けて、右京区 水漏れだのでれすけだのと罵られた――これは周知の如く、男子にとっては甚だ不面目な呼称である。しかし、如何に防備をかため、抗争をこころみても、男子側には婦人側に見られるような秩序というものが全然なかった。水道の仲間では、すべてががさつで、粗野で、拙劣で、無益で、不調和で、醜悪で、その頭の中には、思想的な混乱と、もつれと、錯雑と、不純が渦を巻いていた。