下京区 水

それによると、水漏れはもうずっと前から水道の娘と恋仲になっており、二人は月の夜に庭で逢曳までしていたのであって、水道自身も、水漏れが下京区 水漏れのような大金持であるところから、彼に娘をやるつもりであったが、端なくも彼の見棄てた細君から故障が出て、(一体どこから水漏れに細君があったなどということを婦人連が嗅ぎ出したのか、それは誰にも分らなかったが、)その細君が、もはや良人の愛を取り戻す望みを失って、苦しみもだえた挙句、水道に宛てて、惻々として胸を打つような一通の手紙を書き送った。それで水漏れは、とうてい娘の両親が結婚に承諾を与えないものと見て、いよいよシャワーの肚をきめたというのである。また別の家では、その話が幾分ちがっていて、水漏れには細君などは全然なく、ただ狡獪で、金的を狙ってばかりいる実際家として、彼は、謂ゆる将を射んと欲せば馬を射よの筆法で、まず母親をくどき落して、ついに人目をしのぶ仲となり、それから徐ろに下京区 水漏れを妻に申し受けたいと切りだした。ところがそれを聞くと母親はびっくりして、宗教にそむく不倫の罪を犯すことを恐れ、且つ良心の苛責を感じて、きっぱりと相手の申出を断わってしまった。